ユーホーニイタカ はじめに人と環境を考える。それが私たちの思想です。 サイトマップ
TOP 5つのゼロ・技術資料 ユーホーの環境理念 導入事例・お客様の声 商品一覧 お問合せ ユーホーニイタカのサイトへ
ECO 世界が認める、「5つのゼロ」が安心の証。
HOME > 5つのゼロ > シックハウス症候群嫌疑物質
5つのゼロ
シックハウス
環境ホルモン
有機リン化合物
重金属
PRTR法
お薦めしたいゼロ
シックハウス症候群嫌疑物質

原因不明の体調不良。それはシックハウスかもしれません。
シックハウス症候群とは、住宅の高気密化、ダニ・カビなどのアレルゲンや建材・内装材に含まれる化学物質などによる室内空気汚染が原因となり、居住者の体調が不調になることをいいます。症状としては目の痛み、吐気、頭痛、アトピー性皮膚炎、身体疲労、ストレス、情緒不安定などがあります。また、発生場所が学校であれば、シックスクール症候群と呼ばれることもあります。 シックハウス症候群の原因ははっきりとは解明されていませんが、室内空気汚染物質として、屋内の建材や家具などに使われている接着剤、防腐剤、防虫剤、塗料、コーティング剤などの材料から揮発される揮発性有機化合物(VOC)が問題視されています。

●行政の対応

建築基準法や都市計画法の一括改正法によって、クロルピリポス、ホルムアルデヒド2種類の化学物質の使用が禁止・制限されているほか、厚生労働省の「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」において、VOCの13種類について室内空気濃度の指針が策定されています。
 行政の原因物質規制
シックハウス嫌疑物質  厚生労働省  文部科学省  国土交通省  
(単位:μg/m3) 室内空気汚染に
関するガイドライン
学校環境衛生の基準  品確法  建築基準法等の
 一部を改正する法律
 総TVOC 400 - - -
 ホルムアルデヒド 100 100 100
 トルエン 260 260 (○)任意選択にて測定 -
 キシレン 870 (870)
必要に応じて測定
(○)任意選択にて測定 -
 パラジクロロベンゼン 240 (240)
必要に応じて測定
- -
 エチルベンゼン 3,800 - (○)任意選択にて測定 -
 スチレン 220 - (○)任意選択にて測定 -
 クロルピリホス 1 - - 1使用禁止
 アセトアルデヒド 48 - (○)任意選択にて測定 -
 フタル酸ジ-n-ブチル 220 - - -
 フタル酸ジ-n-エチルヘキシル 120 - - -
 テトラデカン 330 - - -
 ダイアノジン 0.29 - - -
 フェノブカルブ 33 - - -

●ワックスとの関わり

厚生労働省が示した13種類のシックハウス症候群嫌疑物質のうち、ワックスに関連する物質は以下の通りです。
・トルエン、キシレン
木床用の油性ワックスの原料として使用されることがあります。
・スチレン(モノマー)
樹脂ワックスの高光沢タイプには主にスチレン・アクリル共重合ポリマーエマルションが使用され、その中に極微量ながらスチレンモノマーが残っています。
・フタル酸ジ-n-ブチル
現在はほとんど使用されていませんが、以前は樹脂ワックスの可塑剤として使われていました。

お問い合わせ お問合せはこちら

「プロテクトゼロ」は、室内空気濃度の指針値が示された13種類のシックハウス症候群嫌疑物質を一切使用していません。


株式会社ユーホーニイタカ
〒136-0075 東京都江東区新砂1丁目6番35号 イーストスクエア東京707
TEL:03-5633-2520(代表) FAX:03-5653-3575
ECO エコ製品を選んで買おう